泣き虫の取り扱い説明書

雑談

こんにちは。ナマケモノです。

突然ですが、あなたは泣き虫ですか

私は泣き虫です。

それはもう、ちょっと怒られただけで泣き出してしまう程の大泣き虫です。

泣き虫でない人からしたら「なんでそんなことで泣くの?」と思ってしまうような理由で、泣いてしまいます。

私は職場で上司に怒られて泣き、周りを困らせてしまったことがあります。

周りに迷惑をかけてはいけないと思い、何度もこの泣き虫を克服しようとしましたが、できませんでした。

ということで視点を変えて、私が変わるのではなく、皆様に「泣き虫の取り扱い」をマスターして頂くことにしました!

身勝手な話ですが、どうぞよろしくお願いします。

こんなあなたへ

  • 職場に泣き虫な部下がいて困っている人
  • 泣き虫なパートナーを理解できない人
ナマケモノ
ナマケモノ

ただし「私だったらこうして欲しい」ということを書くので、同じ泣き虫でも通用しない場合があるかもしれません。

これじゃただの、私のトリセツですね…

泣き虫の取り扱い

私が考える、泣き虫を取り扱うポイントは3つです。

泣き虫を取り扱うポイント

  1. 気づかないふりをする
  2. ひとりで泣かせておく
  3. 泣いてる理由を聞くのは後で

①気づかないふりをする

泣き虫は、自分が泣き虫であることを恥ずかしく思っています。

泣きたくて泣いているのではなく、我慢して我慢して、それでも抑えきれなくて泣いているのです。

つまり「泣いている姿を人に見られたくない」ということ。

もしもあなたの周りの泣き虫が泣きそうになっていて、あなたがそれに気づいたとしても、「あれ?どうしたの?」などと声をかけないでください。

その泣き虫は今、必死にバレないように涙をこらえようと頑張っているのです。

そこに声をかけるということは、その努力を無駄にするということです。

あなたが本当に泣き虫のためを思うのであれば、泣きそうになっていることに気づかないふりをしましょう。

ナマケモノ
ナマケモノ

私は泣いていない。私は泣いていない。私は泣いていない…

②ひとりで泣かせておく

気づかないふりをしていたにも関わらず、思いっきり泣き出してしまった。

そんな時は、泣き虫を人がいない場所へ連れていき、ひとりで思う存分泣かせてあげましょう。

どこが痛い訳でもなく涙がでてしまうのは、精神的ストレスが溜まっているからです。

泣くことによって体の中からストレスを排出できるので、思いっきり泣けばスッキリします。

溜まっていたストレスの量によっては、泣き止むのにかなりの時間がかかることもあります。

それでも気長に待ってあげましょう。

「もうそろそろ泣き止んでよ…」と思っても、口に出さないように気をつけてください。

本人も泣き止もうと頑張っているはずなので、「泣き止んで」と言われると余計に焦ってしまい逆効果です。

また先ほどと同様、「泣いているところを見られたくない」と思っているので、人の目につかない場所を確保してあげると完璧です。

ナマケモノ
ナマケモノ

どうしよう。またみんなに変な人って思われてるよ。

早く泣き止まないと…でもやっぱダメだ~。゚(゚´Д`゚)゚。

③泣いてる理由を聞くのは後で

私が泣いてる時に必ず言われる言葉は「どうして泣いてるの?」です。

心配した人がかけてくれる、優しい言葉ですね。

でも実はこれも、逆効果です。

なぜなら、泣いている理由は本人にも分からない場合があるからです。

毎回ではないのですが、たまに「なんで私は泣いてるんだろう…?」と分からないことがあります。

そして泣き止んだ後で、自分が泣いていた理由を考え、「もしかしたらこれが原因で泣いていたのかもしれない」と気づきます。

まだ自分でも理由が分かっていない段階で「どうしたの?」と聞かれても、何も答えられません。

「分からない」と答えてられても「泣いているのだから、何もないわけないでしょ?」と聞き返したくなるかもしれませんが、そっとしておいてあげて下さい。

本当に分からないのです。

泣いている時は何も声をかけなくていいので、泣き止んで落ち着いてから、理由を聞いてあげて下さい。

もしくは一緒に理由を考えてあげて下さい。

とっても喜ぶと思います。

ナマケモノ
ナマケモノ

私はなんで泣いていたんだ…?

え?一緒に考えてくれるの?!

ありがと~。゚(゚´Д`゚)゚。

ちなみに昔、ホンマでっか!TVで「男は感情が先で涙が後、女は涙が先で感情が後にくる」と聞いたことがあります。

私はこれを聞いて、めっちゃ当てはまってる~って思いました。

泣くのは悪いことではない

泣き虫は克服しなくていい

以上が、私の考えた「泣き虫の取り扱い説明書」でした。

泣き虫の生態が少しは理解できましたか?

めんどくさいと思いましたか?

私は、めんどくさいと思います。

だから今まで、泣き虫を克服しようと頑張ってきました。

それでも克服することはできず、挙句の果てに、ストレスによる「適応障害」と診断されてしまったこともあります。

私はずっと、泣き虫なのは悪いことだと思っていたのですが、適応障害と診断された時にお世話になったカウンセラーとの出会いで、その考えが覆されました。

カウンセラーの方に「どうしたら泣き虫を克服できるでしょうか?」と相談したところ、はっはっはっと笑われたのです。

真剣に相談しているのに、笑われたのです。

そして一言「泣き虫でもいいじゃない。それがあなたでしょ?」と。

ナマケモノ
ナマケモノ

ああそうか、私は泣き虫でもいいんだ。

その時私は初めて、私が泣き虫であることを受け入れることができたのです。

泣き虫であることを受け入れよう

私が泣き虫なのは私の性格で、全てが治さなければいけない病気ではないのだと思いました。

自分の泣き虫を受け入れられるようになってから、すっと気持ちが軽くなって、泣く回数が減りました。

泣いてはいけないというプレッシャーが、余計に私の泣き虫を加速させていたのです。

もしも私と同じように泣き虫で悩んでいるのであれば、一度自分の泣き虫を受け入れてみてはいかがでしょうか?

世の中にはいろんな人間がいるのですから、泣き虫な人間がいたって良いと思います。

みんながお互いの違いを認めあって、みんなが生きていきやすい世界になってほしいと、私は願っています。

話がそれましたが、最後までお読みくださりありがとうございました。

おしまい。

この記事を書いた人
ナマケモノ

2歳の息子のママ🐣(26)
通称魔の二歳児と呼ばれるイヤイヤ期に直面中。
最近断乳したことにより食費が爆上がりしました。
育休から復帰5か月で退職して専業主婦になったよ。
育児や家事のブログ書いてます。
資格→「管理栄養士」「登録販売者」「FP3級」

ナマケモノをフォローする

ブログ村ランキング参加しました~
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ
にほんブログ村

雑談
スポンサーリンク
ナマケモノをフォローする
ナマケモノのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました