ワーママデビューしました。スケジュールはこんな感じ。

ワーママ

こんにちは、ナマケモノです。

約2年間の産休&育休を経て、この4月に仕事復帰しました。ワーママデビューです。

ナマケモノという名の通り、働くことが大嫌いなこの私が、子育てをしながら働くのはとても不安でした。でも何とか生きています。

  • 本当は働かずに、もっと子供と家で過ごしたい。だけど働かないと生活が回らない…
  • ワーママデビューしたくないけど、せざるを得ない。

そんな中途半端な気持ちで仕事復帰した私の生活を、ありのままに記録します。

もしこのブログを読んでいるあなたも、私と同じような気持ちでこれから働きに出るのなら、この記録が参考になるかもしれません。ぜひ覗いていって下さい。

ワーママデビューした私のスケジュール

4月からワーママデビューした私の、タイムスケジュールです。

ちなみに息子は現在、1歳8か月です。

6:30 寝ながら授乳

7:00 わたし起床&身支度(息子は2度寝)

7:20 息子が起床。息子に朝ご飯を食べさせながら、身支度の続き。

(自分はパンをかじりながらメイクをする。)

7:40 息子の身支度

8:00 パパ起床&私と息子は自転車で保育園へ

(私が息子を保育園へ連れて行く代わりに、パパが晩御飯の用意や洗濯物をしてくれている。これが本当に助かる。)

9:30 わたし出勤

11:20 パパ出勤

16:30 わたし退勤

17:30 保育園のお迎え

18:00 帰宅&ヨギボーに倒れこみながら授乳

18:30 ご飯を炊く&お風呂の準備

19:00 お風呂

20:00 晩御飯

21:00 息子の寝かしつけ(だいたい寝落ち)

21:50 パパ帰宅&晩御飯(ここで私起きる)

22:00 軽く家の掃除&洗い物

22:30 フリータイム

0:00 就寝

晩御飯の用意は、休日にまとめ買いしています。あらかじめ献立を決めて、必要な分だけ買うのがコツです。(献立を考えずに買いだめをすると、使い切らずに食材を腐らせてしまう。)

疲れた日にはためらわずに、某お弁当屋さんでお弁当を買って帰ったり、スーパーでお惣菜を買って帰ったりします。

余裕がある日は、休日に副菜(きんぴらごぼう、切り干し大根など…)を作り置きしておくと、プラス一品になって便利。これに肉か魚を焼いて、ご飯炊いて、豆腐とわかめの味噌汁でも用意すれば、それなりの食事になる。

ナマケモノ
ナマケモノ

キムチとか梅干しとか買っておいたら、品数増えていいよね。

ワーママデビューして辛かったことベスト3

私がワーママデビューして辛かったことベスト3を紹介します。

私がワーママデビューして辛かったこと、第3位は…

子供と過ごす時間が短くなった」です。

今まで24時間ずっと一緒にいたのに、いきなり一緒に過ごせる時間が短くなると、やっぱり寂しいです。

朝起きたらすぐに保育園に連れて行かなくちゃいけないし、夜はお風呂入ってご飯食べたら、後は寝るだけ。仕事に日に子供と接する時間は本当に短いです。

次!

私がワーママデビューして辛かったこと、第2位は…

時短勤務で仕事が終わらない」です。

時短勤務により、勤務時間が2時間短くなりました。

その分自分の受け持つ仕事が少なくなれば問題ないのですが、仕事量はほぼ変わっていません。

仕事に優先順位をつけて、やらなくていいことを見つけないと、定時で帰りながら仕事を終わらせることは難しいです。

また育休明けのお母さんは、育休中に職場環境が変わってしまい「浦島太郎状態になる」とよく言われますよね。確かに私も復帰直後は「浦島太郎状態」でした。

でもこれに関しては意外と大丈夫で、1~2週間もすれば慣れました。完璧にとはいかないけど。

最後!

ワーママデビューして辛かったこと、第1位は…

子供と自分の体調不良」です。

保育園に行きだした子供は、すぐに風邪をもらってくると噂に聞いていましたが、本当でした。

慣らし保育が始まった最初の土日で風邪を発症し、その後1週間は鼻水を垂らしながら保育園に行っていました。

そして厄介なのは、風邪をひくのは息子だけじゃないこと。私と夫も息子から風邪をもらい、風邪薬を飲みながら仕事へ。

やっと息子も私たちも風邪が治り一安心した頃に、また息子が風邪をひき…

案の定、私と夫もまた息子から風邪をもらって、風邪薬生活に逆戻りです。

子供は熱が出ると保育園で預かってもらえないため、いざという時の預け先の確保は大切ですね。

私は運よく実家が近いので、預かってもらうことができて助かっています。(いつでも預かってもらえる訳ではないので、病児保育してもらえる場所も調べておかないとなあ。)

ワーママデビューして良かったこと

ワーママデビューするのは本当に不安でしたが、実際は辛いことばかりではなく、良いこともありました。

それは「子供のできることが増えたこと」と「私の時間を取り戻せたこと」です。

ベスト3形式で書くのが面倒になったとかそんなんじゃないよ。そんなんじゃ…)

子供のできることが増えた

息子は保育園に行くようになってから、急にできることが増えました。

  • 話せる言葉が増えた。
  • 自分でコップをもって飲めるようになった。(ストローなし)
  • スプーンやフォークの使い方が上手くなった。
  • 私がいなくてもお昼寝できるようになった。
  • 嫌がっていた帽子を被れるようになった。

たった1ヶ月足らずでこの成長ぶり。保育園の先生は子育てのプロなんだなって実感しました。

先生が子供たちを楽しませるために色んな遊びをしてくれているようで、息子にも良い刺激になっています。

ナマケモノ
ナマケモノ

帽子なんて、今まで絶対に被ってくれなかったのに、今では家の中でも保育園の帽子を見つけたら「ぼ!ぼ!(帽子のこと)」と言って、自ら被りたがります。先生、息子にどんな魔法をかけたの…?

私の時間を取り戻せた

子育てから解放される時間が増え、自分のことだけに集中できる時間が増えました。

息子が保育園に行っている間、決して遊んでいる訳ではありませんが、それでも仕事をしている時間は「自分が主役」の時間です。

思えば子供が生まれてから仕事復帰するまでの間、私は主に「子供が主役」の時間を過ごしていたように感じます。本当はどんな状況においても「自分が主役」であるはずなんですが。

まるで産後から止まっていた時が、ようやく動き出したような感覚…は、言い過ぎかな?

「この仕事を成功させるために、もっと勉強して知識をつけたい」

とか、

「人と会う時は第一印象が大事だから、もっと見た目を良くしたい」

とか、

「良い人間関係を築けるように、コミュニケーション能力をあげたい」

といった欲望がでてきて、

「理想の自分に近づくために時間を使いたい」

と思うようになりました。

そこには子供の存在は全く関係なくて、そこが少し寂しくもある。

ナマケモノ
ナマケモノ

もちろん子供のことを全く考えなくなったんじゃないよ。仕事が終わったら子供のことで頭がいっぱいになって、いつもダッシュで迎えにいってます。

以上、私の「ワーママスケジュール」と「ワーママデビューして辛かったこと・良かったこと」でした。

少しは参考になりましたか?

まだ仕事復帰して1か月しか経っていないので、これからまた心境の変化があるかもしれませんが、とりあえず今はこんな感じです。

世の中の働くお母さんたち~!毎日大変なことだらけですね。

明日もお互い無理をせず、頑張り過ぎずにいきましょうね。

それではまた!

この記事を書いた人
ナマケモノ

1歳の息子のママ🐣(26)
約2年間の産休&育休を経て、2021年4月に仕事復帰しました。
働きながら家事・育児をするという新生活に悪戦苦闘中。
一応資格は「管理栄養士」「登録販売者」を持っていて、最近は育休中に趣味で「FP3級」を取得しました。

ナマケモノをフォローする

ブログ村ランキング参加しました~
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ
にほんブログ村

ワーママ
スポンサーリンク
ナマケモノをフォローする
ナマケモノのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました