『丸まった背中が2ヶ月で伸びる!』を読んで(猫背を治す3日目)

猫背

こんにちは、ナマケモノです。

猫背を治すと決意してから、今日で3日目です。

前回同様、うつ伏せになって背筋を鍛えながらブログを書いています。力尽きる前になんとか、この記事を書き終えたいと思います。

※私が猫背を治すと決意した記事がこちら↓

『丸まった背中が2ヶ月で伸びる!』を読んだ感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

何歳からでも 丸まった背中が2ヵ月で伸びる! [ 安保雅博 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/2/25時点)


やっぱり背筋鍛えるのが1番

ちらっと読んだ後の感想が「とりあえず背筋鍛えたら良いっぽいな」だったのですが、最後まで読み終えた後の感想も「やっぱり背筋鍛えたら良いっぽい」でした。

最後の章には、骨粗しょう症による圧迫骨折の話が書いてありましたが、今の私には関係ないと思ったので読み飛ばしました。

ナマケモノ
ナマケモノ

本読むの苦手やねん。

布団の上で出来るところがいい

どんな筋トレ方法でも、背筋が鍛えられれば何でもよいと思います。

でもこの本に紹介されている筋トレは、どれも寝ながら布団の上でできるので、ナマケモノな私でも続けやすいと思いました。

寝る前と起きた後に、布団の上で筋トレしてます。それと、このブログ書いてる今ね。

うつぶせ寝のメリット・デメリット

うつぶせ寝のメリット

うつぶせには次のようなメリットがあるそうです。

  • 呼吸の効率をよくする
  • 背筋を伸ばす

『丸まった背中が2ヶ月で伸びる!』には、こう書いてあります。

うつぶせは呼吸の効率を良くしたり、背筋を伸ばしたりと、良いことが多い姿勢です。

 いつの間にかうつぶせで寝ることが少なくなるものです。理由は膝の痛みや変形などと言われています。背筋が丸くなりかけてくると、うつぶせで寝たとき少し窮屈に感じたりします。

『何歳からでも 丸まった背中が2ヶ月で伸びる!』著:安保雅博/中山恭秀

私はあおむけで寝る派です。それはもしかしたら、背筋が丸くなっていて、無意識のうちにうつぶせが出来ないようになっていたからかもしれません。

ナマケモノ
ナマケモノ

子供の頃はうつぶせでも寝てた気がしなくもない。

うつぶせ寝のデメリット

お子さんがいる方はよく注意されていることだと思いますが、小さな赤ちゃんのうつぶせ寝には「乳幼児突然死症候群」のリスクがあります。

私は専門家じゃありませんし、「乳幼児突然死症候群」の原因はよく分かりませんが、赤ちゃんにうつぶせ寝を強要することは避けましょう。

背筋を伸ばして過ごすことが最大の筋トレ

すぐに猫背に戻るのは背筋がないから

いくら「今日から背筋を伸ばして過ごそう!」と決めても、いきなり24時間姿勢を保ち続けることはできません。

それは気合が足りないから…ではなくて、背筋が足りないからです。

だから24時間背筋を伸ばそうとするのではなく、10分でも5分でもいいので、筋トレのつもりで背筋を伸ばす時間をつくることにしました。

「ああ、また猫背になっちゃった…」じゃなくて、「今日は5分背筋を伸ばせたぞ!」と思うことにします。目標低いとか言わないで。

それでは、うつぶせでブログを書くのに疲れてきたので、今日はこのへんで。

じゃあね~。

この記事を書いた人
ナマケモノ

1歳の息子のママ🐣(26)
料理できない管理栄養士&登録販売者です。
育休中の趣味として、2020年9月からブログを始めました✨
家事と育児を中心とした雑記ブログ…のつもりが迷走中。

ナマケモノをフォローする

ブログ村ランキング参加しました~
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ
にほんブログ村

猫背
スポンサーリンク
ナマケモノをフォローする
ナマケモノのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました